いくらで買える?

headache man wears pink

低用量ピルを病院で購入するときは、診察を受けてから最後に会計をして、薬局へ行き処方してもらうときまで金額がわかりません。値段が高かったら、すごく嫌ですよね。それでも行ってみないことにはわからないので、まずは病院で処方される際の平均的な価格について知っておきましょう。病院によって、同じ種類のピルを扱っていても値段が違うことがあります。また最近では、病院での取り組みとしてジェネリック医薬品の取り扱いや、お薬手帳を持っていったら薬が安くなるといったサービスを行っている病院もあります。病院でのピルの値段をすべて把握することはできませんが、平均的にはピル代金が1,800円程度。そして診察料として1,000円かかるというところが多いようです。病院によって、ピル代金が3,000円以上かかるところもあります。

低用量ピル通販を利用すればかなり安い費用でピルが手に入りますが、なぜそんなに安い費用で手に入るのでしょうか?その理由は、低用量ピル通販では海外のピルを個人輸入し低価格で販売しているからです。中には病院で処方されるピルを通販で販売している低用量ピル通販もありますが、低用量ピル通販の中でも金額には大きな差が出ます。その理由は、日本ではピルの種類が非常に少なく、処方されているピルは保険が適用されないため、金額が自由に決められるからです。病院によって金額が違うのもそのことが原因です。金額が自由に決められるということは安く販売している病院もあれば、海外版を破格で販売している通販サイトもあるというわけです。